記憶箱 〜大切な瞬間をいつまでも留め置くために〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006 全日本選手権 (4) 村主章枝選手

<<   作成日時 : 2007/01/04 10:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

女子のフリー演技が行われる早朝、会場の観客席でふと背後に人の気配がしたので振り向くと、そこに居たのは村主章枝選手。まだ自分の公式練習の時間までかなりあるにもかかわらず、ランニングの準備をしてこれからまさに走り出そうとしている所でした。既にいい集中が出来ている様に感じたので、その集中を乱さぬ様とりあえず軽く挨拶だけをして見送ると、その後は観客席の通路やその後ろのロビーを何度も折り返しながら、しばらく黙々と走り続けていた村主選手。
その様子からフリー演技ではきっとSPでのミスを取り返す演技を披露してくれるであろうという予感がしていたのですが…。

フリーの公式練習でもSPでミスした3Fに関しては念入りにチェックし、とてもキレのあるものを何度も成功させていた村主選手。比較的苦手としている3Sは曲がけの通し練習でも成功させリンクサイドの佐藤信夫コーチに笑顔も見せるなど、ジャンプに関してはこの時点でSPの時より調子を上げてきている様に感じました。
SPでの6分間練習の時にはジャンプが思うように決まらず、かなり苦労していた村主選手。どちらかというと3Fより3Lzにてこずっていて、練習時間残り1分を切った所でやっと3Lzを決めるとそこで時間切れ。それでもリンクに最後まで残り、もう一度3Fを跳ぶ為の入りだけを確認してからリンクサイドに戻って来た村主選手。その姿からはジャンプ(特に最後に跳ぼうとして間に合わなかった3Fに関して)の出来に納得し切れていない様子が見て取れ、一抹の不安を覚えたのですが…。やはり結果もあまりかんばしくないものに。
それに対して、フリーでの6分間練習では1A→2A、2Lz→3Lz+2T、3F、1S→3S、3Tと順調にジャンプを決めていた村主選手。最後に跳んだ3Fがすっぽ抜けて1Fになっていましたが、公式練習で気合いの入った3Fを数度決めているのを見ていたので、この時はさほど気になりませんでした。
本番の演技前には「フゥーッ」と大きく息を吐いた後佐藤信夫コーチに笑顔を見せ、リラックスした様子を見せていた村主選手。いつもの両手を胸の前で合わせ祈りを捧げる姿からも、とても落ち着いた様子が感じられました。
実際に滑り始めてからも中盤まではとてもテンポもよく、村主選手らしさを出しながらの演技だったと思います。
しかしSPと同じ3Fで再びミスした後から徐々にリズムが狂い始め、その後の3Sでもう一度ミスした時点で村主選手にしては珍しく慌ててしまった印象を受けました。最後のコンビネーションスピンも得意の高速アップライトスピンを披露している時間がなくなり、シットスピンのポジションから急遽フィニッシュのポーズへ。
キス&クライで得点が表示されるのを待つ村主選手は、表彰台に乗る事がこのフリー演技で難しい状況になってしまったのを既に悟っている様で、感情を無理に押し殺した様なその表情からは、村主選手の思い描いた演技が出来なかった無念さが痛いほど伝わって来ました。
結果は総合4位。世界選手権の代表からも外れる厳しいものになりましたが、その後のインタビューで村主選手がしていた前向きなコメントからは、このままでは終われないという強い意志が感じられ、次回は必ず今までの最高の演技で観客の期待に応えてくれるのだろうと思いました。

その機会は意外にもとても早くやって来て…。
翌日に大阪で開催された「メダリスト・オン・アイス2006」。村主選手の披露した演目はまさに“生命の躍動”を表現した「ボレロ」でした。身体中からオーラを発散しながら滑っているようなその演技には、全日本選手権のSPではなかった説得力に満ちあふれ、会場の観客もそのあまりの迫力と素晴らしさに思わずスタンディングオベーション!
村主選手の「ボレロ」がこれほどまでに人々の胸を打つものだった事をこの演技で再認識した方も大勢いらっしゃったのではないでしょうか?

「まだまだこれから!」村主選手がそう思い続ける限り、更なる高みへの挑戦も終わらないのでしょう。
現在取り組んでいる技術的な改良も含め、次のステップに上がるための準備を着々と進めている村主選手。
既にベテランと呼ばれる域に達していても新しい発見を求めて歩みを止めない村主選手が、今後どの様な未知なる世界で人々を魅了してくれるのか?ぜひ期待したいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます(^-^)
旧年中は大変お世話になりました。今年も宜しくお願いします♪
全日本選手権のレポート、楽しみにしていましたので拝見できてとても嬉しく思っています。
全日本の演技はテレビで見ていたのですが、やっぱり長く競技をやっていても(もしくはやっているからこそ)緊張はするし、上手くいくときもあればいかないときもあるってことですよね。
MOIを生で見られたことには何かにとても感謝したいと思っています。私の場合はtotoの神様でしょうか?(笑)勿論村主さん自身にも感謝せねば。
思いがけないご褒美を貰った気分です。年齢的にはシングルスケーター男女合わせて最年長の選手になるわけですけども(渡辺さん、木戸さんが引退したら本当に最年長ですね^_^;)、まだまだどこまでもいけるんだなって思いました。四大陸はテレビで見ることになりますが、念を送っておきます!!
槻矢
2007/01/05 01:51
こちらこそ今年も宜しくお願い致します。
MOI(昼の部)を現地で観ていて忘れられないのは、フィナーレで出演したスケーターたちが東西に分かれ観客に向かって両手を広げ挨拶をする場面があったのですが、そこで村主章枝選手だけ高速アップライトスピンを披露してから観客席に向き直り挨拶していた事。
何かこのスピンでそれまでのモヤモヤを全て払拭している様にも見え、年が明けたら村主選手にとって喜びを感じる出来事がたくさんあるといいなと、この場面を見て素直に思いました。
これからアジア大会、四大陸選手権と続くハードスケジュールですが、何とか今シーズンで1番の演技を見せて欲しいですね。
Memory
2007/01/06 05:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006 全日本選手権 (4) 村主章枝選手 記憶箱 〜大切な瞬間をいつまでも留め置くために〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる