記憶箱 〜大切な瞬間をいつまでも留め置くために〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006 全日本選手権 (2) 太田由希奈選手

<<   作成日時 : 2007/01/04 10:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

選手の多くが今シーズン最大の目標として来た全日本選手権。本番の演技だけではなく練習から見ていると、その選手が何を課題にしていて、今どの様な心境にいるのかがじわじわと伝わって来ます。

なかでも印象的だったのが太田由希奈選手。
フリー演技前の公式練習でリンクサイドの樋口豊コーチから指示されると、2種類のレイバックスピンを続けて披露。最初はノーマルポジションからビールマンのポジションに変化し、次に見せたものはビールマンのポジションを入れずキャッチフットのポジションまでに留めたスピンでした。
その結果、本番のフリー演技ではビールマンポジションを入れないレイバックスピンを選択。これには太田選手自身のスピンへの強いこだわりがあったそうです。

「SPではレイバックスピンの時にビールマンのポジションを入れたんですけれども、その時どうしても回転スピードが落ちてしまっているのが自分でも分かって…。採点結果もあまりよくなかったので樋口先生に自分からフリーではレイバックスピンでのビールマンのポジションを外したいと伝えました。それでフリー演技の練習の時もう一度両方のレイバックスピンを見てもらって、そこでキャッチフットの方のレイバックスピンにする事を決めました。」

この話はフリー演技後に伺ったのですが、この2種類のレイバックスピンを見た時もビールマンポジションを省いたものの方が明らかに回転スピードがあり軸・ポジションとも綺麗。本番ではきっとビールマンスピンは披露しないだろうという結論を導き出すには十分な内容でした。
採点結果はレベル2の認定は同じでしたが、SPより多くの加点を獲得。でも太田選手自身はおそらく得点を稼ぐ事より、少しでも綺麗なレイバックスピンを披露したいという気持ちの方が大きかったのではないでしょうか?
そのスピンは太田選手の身体そのものが音楽を奏でているような演技と見事にマッチし、演技をより魅力的に見せていました。

それから今大会のフリー演技から再びプログラムに取り入れた3Lz。公式練習でも演技直前の6分間練習でもこのジャンプに一番時間を取って練習していた太田選手。演技冒頭のジャンプという事もあり、かなり念入りに跳ぶタイミングを確認していたのが印象的でした。
公式練習ではまず2Lzを跳んだ後、2回連続して3Lzを試みるもいずれも転倒。それでも曲をかけながらの通し練習や終了間際には本番に向け良い感触を残すためにきっちりと決めていたのは太田選手の意地でしょうか。
6分間練習でも2Lzで足慣らしをした後に3Lzを跳び始める太田選手。一度は着氷で手をつき、一度は転倒してしまうなどこの時間内では3Lzを決め切る事は出来ませんでしたが、終了時間ギリギリにもう一度2Lzをフワッと確認する様に跳びこのジャンプに対する自信をつけていた姿を見て、何が何でも本番でこのジャンプをきちんと跳びたいという太田選手の強い想いを感じました。
実際の演技での3Lzは、回転不足こそとられたものの転倒する事なく着氷。それから今まで試合では一度も決めていなかった3S+2T+2Loも(こちらも3Sで回転不足をとられてしまいましたが)この大舞台で披露し、本当に気持ちが乗って演技しているのがひしひしと伝わって来ました。それだけに終盤での3Tの転倒は本当に残念だったのですが、演技中の流れが途切れたのはそこだけ。「今シーズンこのプログラムを演技して来た中で、一番いい出来だった。」と笑顔で答える太田選手は、今回の演技で今持っている自分の力をほぼ発揮出来た充実感に満ちている様に感じました。

実はこの全日本選手権に臨む3日ほど前から風邪をひいていたという太田選手。SP当日の公式練習前はせきもひどく、一時はこの練習を休もうと思ったほどひどい症状だったとか。それでも気力をふりしぼって練習をこなし、SP本番では大きなミスもなく優雅な「黒鳥」を踊ってみせ、順位でも7位につけるという快挙を成し遂げた太田選手。この3季ぶりの出場となる全日本選手権にかける想いがどれほど強かったのか、このエピソードを伺い改めて思い知らされた気がしました。

今回の総合12位という成績を受け「何とか強化選手に選んで頂けると嬉しいんですけれど…(笑)。」と話していたのは太田選手のご両親。
今シーズン、太田選手は復活への第一歩をまだ踏み出したばかり。今後も自分の演技をレベルアップさせていく過程を楽しみながら、また一段と素晴らしく、心に残る様な演技をぜひ何度も披露していって欲しいですね。

※上記の選手、関係者のコメントを無断で引用、転載する事を一切禁じます。ご了承下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006 全日本選手権 (2) 太田由希奈選手 記憶箱 〜大切な瞬間をいつまでも留め置くために〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる