記憶箱 〜大切な瞬間をいつまでも留め置くために〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Dreams on Ice 2006 (1)

<<   作成日時 : 2006/07/20 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月17日(月)の「Dreams on Ice 2006」最終公演を観て来ました。以下はその感想です。
見間違い、記憶違いもあるかと思いますが、ご容赦の程を。

開場時間がせまった新横浜プリンスホテルスケートセンターの周りには、人がいっぱい。でも一般入場口に並んでいる人は意外に少なく、お目当ての選手に会うため、関係者出入り口前で待っている人を多く見かけました。
少し様子をうかがっていると、武田奈也選手や南里康晴選手が外から戻ってきて、ファンと交流。サインしたり、一緒に写真に納まったり、短い時間でも楽しそうにしていたのが印象的。武田選手はこういう事にそれほど慣れていないのか、ちょっとてれくさそうでしたが…。

開場時間になり中へ入ると、目の前の物販コーナーでいきなり村主選手を発見。日本盲導犬協会のブースでチャリティーTシャツを販売するお手伝いをされていました(笑)。
アメリカの大リーガーなど海外の有名スポーツ選手は何かしら慈善活動をされていますし、日本でもこの様な活動がさらに盛んになるといいですね。

開演時間近くなると場内で、出演選手変更に関するアナウンスが流れ、怪我をしてしまった北村明子選手に代わり、同じ醍醐クラブの井上はるか選手が出場する事を伝えていました。

そして開演約5分前。バックステージから出演者の「オオォォォーッ!」という元気のいいかけ声が…。最後の公演、出演者たちも皆相当気合が入っていた様です。

● オープニング
リンクサイドには男女のシンガーに加えて生バンドが陣取り、オープニングナンバーを全て演奏。この演出は北米のメジャーなアイスショー並みの豪華さですね。

・ 柴田 嶺選手
赤いシャツに黒パンツ姿で登場。ロック調の曲に乗り、Y字スパイラル、フライングキャメル→シット→I字のコンビネーションスピンを披露し、身体の柔軟性を存分にアピール。

・ 井上はるか選手
上下黒でのパンツルック。レイバック→ビールマンに変化するスピンを披露。このビールマンは井上選手の看板と言ってもいい技。ポジションはいつみても綺麗ですね。

・ 無良崇人選手
胸と背中の部分が縦に黄、白、青と色分けされた上着に黒パンツ姿で登場。最初に3Aに挑戦したのですが惜しくも転倒。その後はコンビネーションスピンを披露していました。

・ 武田奈也選手
白のタンクトップに黒のパンツで登場。曲はホイットニー・ヒューストンの「I Wanna Dance With Somebody」。2Aとレイバック→ビールマンのスピンを披露してくれました。身体が大きく見栄えするので、一つ一つの技が本当にダイナミックです。武田選手もビールマンスピンが得意技ですね。


・ 南里康晴選手
衣装は、上が赤いシャツに黒いベストで下が黒いパンツ。04〜05シーズンのSPで着ていた衣装かな?最初におそらく3Aに挑戦したのだと思いますが、すっぽ抜け1Aに。その後はフライングシットスピンを見せてくれました。

・ 浅田舞選手
今シーズンの新EX「アランフェス協奏曲」の衣装(紫と赤のグラデーション)で登場。いきなり得意のスパイラル(フォアのノーマルポジションでリンク中央に円を描くように滑った後、キャッチフットのポジションに変化)を披露し、終始笑顔でした。

・ 中庭健介選手
昨シーズンのSP「サラバンド」の衣装かな?上着が青に銀のスパンコールが付いたもので、下が黒。最初に綺麗なイーグルを見せた後、3Tを跳んだのですが、惜しくも転倒。その後はフライングキャメル→シット(上体をひねる)→足換え→シットのコンビネーションスピンを披露していました。

・ 澤田亜紀選手
黒いスカートの衣装で、そのスカート裏地が赤。そして腰回りにはゴールドのスパンコールがあしらわれていました。
いきなりバレエジャンプを元気よく見せた後、フライングキャメル→ドーナツのスピンを披露。笑顔とガッツあふれる演技が澤田選手の特徴ですね。

・ 太田由希奈選手
彼女の名前がコールされた瞬間、場内から「ウオオォォーッ!」という大歓声が沸き起こりました。それほどまでに多くのファンが太田選手の復活を待っていたのですね。衣装はSP「白鳥の湖より〜黒鳥」をイメージした黒を基調としたもの。そのシックで洗練されたいで立ちは、大人っぽくなった太田選手を更に美しく引き立てていたと思います。
このオープニングでの演技内容は、最初にノーマルポジションでのスパイラルを笑顔で見せた後、キャメル→シット→Y字のコンビネーションスピンを披露してくれました。

・ 渡辺心&木戸章之組
木戸選手が上下黒。渡辺選手が紫の衣装(スカート長め)で登場。リフトを幾つかとスピンを披露していました。

・ 恩田美栄選手
ブルーのグラデーションになった衣装での登場。演技に入ってすぐ、リンクサイド席から「オンちゃん!」と声をかけられると、律儀にそちらを振り返って手を振っていました。こんな所が恩田選手らしいですね。最初に2Aを成功させ、スピンはシット(フリーレッグを軸足の膝上に置き、両手を背中の後ろでグッと反らすポジション。いわゆるパンケーキスピンですね。)→アップライトのコンビネーションを披露していました。

・ 織田信成選手
今シーズンの新EX用に作った上下黒の衣装。フライングシットスピンではフリーレッグを軸足の膝上に持ってくるポジションを披露し、3T、ストレートラインステップとテンポよく技を繰り出していました。

・ 安藤美姫選手
昨シーズンのEX「Ac-cen-chu-ate the Positive」で着ていたピンクの衣装。最初に曲に乗って拍手をあおる様に自ら手拍子しながらの登場。そして会場が盛り上がって来るとY字スパイラルを笑顔で気持ち良さそうに披露し、その後はレイバック→ビールマン、高速アップライトスピンを元気良くキメてくれました。

・ 中野友加里選手
上がオレンジ(もしくはサーモンピンク)で、下が黒のパンツスタイルの衣装。最初にイーグルで綺麗な8の字を描いた後、キャメル→ドーナツのコンビネーションスピンを披露。ドーナツスピンのスピード、ポジションはともに素晴らしく、それを観客にアピールするかのように、いつもよりかなり長めに回っていました。

・ 高橋大輔選手
黒に赤いラインが入った衣装で登場。いきなりジャンプで3F+2Lo+2Lo+2Loを披露し、会場を一気に熱くさせていました。その後はフライングシット→アップライトのコンビネーションスピン。こちらも拍手が多かったです。

・ 浅田真央選手
ジャパンオープンでも着ていた薄紫の衣装を着て登場。最初にビールマンポジションのスパイラルを見せた後、キャメル→シット(上体をひねる)→ビールマン(片手)→足換え→ビールマン(片手)のコンビネーションスピンを披露。スパイラルでは本当に姉の舞さんと雰囲気が似て来ましたね。

・ 村主章枝選手
紫(少しえんじ色がかった)の衣装で登場。スピードに緩急をつけ、所々でうまく“ため”を作りながら魅惑的なステップを披露。つなぎのステップでこれだけ魅せる事が出来るのは、やはり村主選手ならでは、ですね。フライングキャメル(チェンジエッジ)→高速アップライトスピンでは会場から大きな拍手が起こっていました。

・ ジョニー・ウィアー選手
上下黒の衣装で、両手に赤い手袋をして登場。もうそれだけで会場のあちこちから黄色い声援が飛び交いました。最初にY字スパイラル。女性選手と見まがう程ポジションが綺麗。その後は3Tをしっかり決め、スピンはシット(身体を上にひねる→フリーレッグを軸足の膝上)→高速アップライトのコンビネーションを披露。使用曲の「キャンドル・イン・ザ・ウィンド(エルトン・ジョンが、亡くなったダイアナ妃に捧げた曲ですね。)ともよく演技がマッチしていてかなり引き込まれる演技でした。

・エレーナ・ソコロワ選手
背中が大胆に大きく開いた黒の衣装で、赤いスパンコールが胸元などに散りばめられていました。これは04〜05シーズンに着ていたものだと思います。ソコロワ選手というとサラサラの金髪をなびかせて滑るのがトレードマークだったのですが、今回はパーマをかけてイメージチェンジしていました。演技内容は最初にリンクを斜めに横切るイナバウアー。その後はバックでキャッチフットのスパイラル、レイバックスピンを披露していました。

・ 申雪&趙宏博組
申雪選手が黒白のツートン、趙宏博選手が上下黒の衣装で登場。曲はエアロスミスの「I DON`T WANT TO MISS A THING」。映画「アルマゲドン」のテーマソングですね。最初に豪快なダブルツイストリフトを決めた後、申雪選手がスパイラルの体勢、趙宏博選手がその申雪選手のフリーレッグを持ったままイーグルの体制で滑るポジションを披露していました。

・ マリナ・アニシナ&グウェンダル・ペーゼラ組
アニシナ選手が黄色、ペーゼラ選手が上下黒の衣装。ペーゼラ選手がアニシナ選手を逆さに抱えてリフトをしたり、体勢を変え、アニシナ選手を抱えたままスピンを披露したりしていました。

・ ステファン・ランビエール選手
上下黒で、袖の部分が水色の衣装。曲はエルトン・ジョンの「ユア・ソング」。登場シーンから満面の笑顔でした。バレエジャンプを飛んだ後、アラビアンからフライングシット(身体を上にひねる)→足換え→シット(身体を上にひねる)→高速アップライトのコンビネーションスピンを披露。最後のアップライトスピンは他の誰よりも速く、会場からも大歓声が起こっていました。

・ 荒川静香選手
02〜03シーズンのFP「タイタニック」で着ていたブルーを基調とした衣装で登場。いきなりイナバウアーを披露した後、フライングキャメル(チェンジエッジ)→アップライトスピンで締めていました。

この後は、オープニングで登場したスケーターが全員出て来て、2組に別れリンクを周回。その後リンクいっぱいにスケーターたちが広がると一斉にスピンを披露。これはかなり豪華で見応えありました。その後はリンク中央で全員が輪になり、観客に挨拶。それに応えて客席からも大きな声援が起こっていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dreams on Ice 2006 (1) 記憶箱 〜大切な瞬間をいつまでも留め置くために〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる